炭事業



暮らしに役立つ
      木炭・木酢液

コーヨーの炭プラント
 加美町プラント
 炭モニター募集
 よくあるご質問
▼取扱商品
 炭製造プラント斡旋
 ECO炭
お問い合せ先

Copyright Koyo-mold Co.,Ltd. All rights reserved.
加美町プラント

風光明媚な自然に恵まれた和紙の里、兵庫県加美町は、宮中の歌会始にも使われる杉原紙のふるさと。その紙をすく名水の杉原川のほとりに、コーヨーの製炭プラントがあります。

Question1

     
加美町プラント1

役目を終えたコーヨーの型枠が、建設現場から運ばれ、ここで破砕され、木炭になるのを待ちます。
(写真/破砕機)

Question2

 
   
加美町プラント2 塀の中には、こんな炭焼き炉が6基あります。焼き上がるのには約12時間かかります。  
   
加美町プラント3

炭焼きで出る煙を冷やして、木酢液も取ります。その量は1日に60〜80リットル。静かに置いた上澄みを取ると、「粗木酢液」に変身。

Question3

 
   
加美町プラント4 できたてアツアツの木炭はフォークリフトで外に積み上げ、冷えたらベルトコンベアで粉砕器へと運び出します。  
   
加美町プラント5 畑にも家畜にもコーヨーの木炭は安心。型枠についていたクギや金属は、精度の高い磁選機で完全に取り除いています。  
   
加美町プラント6 用途に応じた大きさに、機械で砕きます。細かさは農業用住宅用など用途に合わせて4段階あります。  
   
加美町プラント7 1メートル角の大きな袋に詰めて、出荷準備OK。